10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * edit *  go page top

* category: 未分類

ほうり投げちまえば 

もうたどり着けないB`z MAGIC

先週末はJプロツアー栂池ヒルクライムでした。  今年のJプロツアーはヒルクライムレースが、栂池・富士山とたった2戦しかありません。 
僕はクライマーですし、まだまだロードレース経験は乏しく上位に食い込む可能性が高いのはヒルクライムです。


しかし、木曜日から喉が痛み始めレース前夜に完全に悪化。。。頭痛と熱でダウンしてしまいましたが、当日朝は少し回復。 熱も頭痛もありませんでしたが、アップで心肺上げてみるといつもより早く息が切れてしまう。

レースが始まってみると、喉が焼けるように痛い。 水を飲んでもすぐ喉が熱くなって痛い。

温泉街までの斜度がキツイ区間の森本さんの曳きをクリアしたものの、温泉街の先で千切れる・・・
しかし、第2グループの後で休むと足的には少し余裕。先頭グループも思ったより差が広がらないし射程圏内。

追いつこう!っと思ってペース上げると、自分でもビックリするほど一瞬で心肺がいっぱいになってしまったorz

結局追いつけず、その後はずぶずぶ沈むだけ。。。 ラスト1Kmはもがいたけど結局39位。

* category: 練習なにっき

アレしたい コレしたい 

希望をあげればキリがない(B`z デッドエンド)


さて、来週からJプロツアー 栂池HC・富士山HC・東日本そして翌週はFUJI55
っと4週連続でレースです(・`ω´・(-`ω´-)ウン

今日はしばらく忙しくなる前ラストの週末だったわけですが


KIMG0165-1.jpg
東京タワーにデートヾ(o´▽`)ノ ☆



でもなく、GALENGEにてパワーマジックを負荷7で1時間ぼけーっとやったり、筋トレしたりっと、ごくごく普通の大学生の週末でした\(^o^)/←


金曜日はチーム練のちヒルトップファームに行ったり
KIMG0352.jpg

パスタ旨かった!



忙しくなる前ラストの週末にやりたいことは沢山あったけど、練習できるうちにパワーマジツクやがっつり筋トレできてよかったよ(゚д゚)(。_。)ンダ!

* category: 未分類

青すぎる青い空 

だれの味方をするの B`z デッドエンド

GW最終日だって言うのに今日も不安定な天気でしたね。。。 
僕はと言うと先日雨の中走って風邪ひいたのにびびっちまって自宅待機でした←  


昨日は天気よかったので奥武蔵グリーンライン(以下GL)へ行ってきました。  

しかし、青すぎる青空ってことは日差しも強いわけでして、この日も暑かった暑かった。

KIMG0308.jpg


下界は暑かったけど、GLに入ってしまえば森の中で涼しいし登れるしイイ感じ。  課題だった上半身の使い方もできるようになってきたし♪

KIMG0309.jpg
50mmホイールはテスト中  

この後、定峰峠まで行って白石峠下ってGALENGEに。

筋トレして、マッサージして頂いたりで9時30分にくらいに帰宅っと。

そうそう、全日本で落車した擦過傷は湿潤療法のフィルムから卒業しました♪

* category: 未分類

無難になんて 

やってられないから



GWだって言うのに外は生憎の空模様で残念ですねぇ。。。。  ロードレースに雨天中止の文字はありませんが、練習には雨天中止はありにしましょう。 あ、ローラーはしますよ?  

僕とは言うと、全日本がシャイセッ!だったので「雨でももちろん走りますよ?」っと一雨の中走ってみたのですが、5月舐めてました。 寒かったです。 まだこの時期に雨の中走っちゃいけません。 

でも、荒川ではずぶ濡れのタヌキやキジ? そして道を横断する大量のカタツムリを遭遇し中々面白かったです。

翌日は案の定風邪気味でレストでした。 まぁこんな日もある←


実は岩手でのプチ合宿中も雨に降られたり止んだり降られたり。  

KIMG0261.jpg
そんな中、アップダウンがず~っと続く走ってました。  

しかし、岩手は環境がいいですね! アップダウンが永遠と続く道。 殆ど信号もないし交通量も少ない。そしてなによりドライバーが優しい! 追い抜かす時に対向車線側まで大きく避けてくれるし、待ってくれるし。 


そうそう、アップダウンの後はきたかみ夏油高原ヒルクライムのコースでもある入畑ダムも登ったり。

KIMG0268.jpg
VAXは参加予定はありませんが、しっかりちゃっかり登ってきましたよ。


KIMG0269.jpg
ゴール手前の分岐 需要のない道は除雪されず。 雪で完全に道ありません。 岩手すげぇ。



すげぇっと言えば、、、  
選手6人監督1人 計7人の2日分の食料がこちら
KIMG0279 - コピー
パスタ5Kg 米5Kg 果汁飲料10本くらい?などなど 3万弱でした(笑  

はんぱねぇ! 

* category: レースなにっき

だいなしにするのは 

いつでも自分自身のミステイクB`z MAGIC


さて、土曜日は全日本選手権ロードレースでした。 僕はまだ20歳なのでカテゴリーはU-23になります。

全日本のコースは、去年と同様に岩手県八幡平の1周15.8Kmで、登り4Kmの他は下り基調で勝負どころは登り。 
しかし、登りも道幅が広く勾配も緩いのでクライマーに有利ではない。 パワー系でゴリ押しされると不利になるくらい。

水曜日から、マチャさん・松尾さんと岩手入りしましたが、それは別のお話。

前日は、午後から雨が降ってしまったのでチームカーのテント広げてローラー30分
KIMG0278.jpg
久しぶりの3本ローラーだから最初の5分ビビったわー(笑

コースの方は車で試走した。コースプロフィール通り単純だが思ったより登りキツイ。クライマー的な意味で
KIMG0277.jpg

夜は、焼肉騒動があったりしたがそれもまた別のお話。



当日は6時起きだったかな?  前夜もやっぱり準備で忙しくて睡眠は6時間くらい。 まぁ普段通りだからOK

天候もすっきり晴れてよかった。   U-23は11時スタートなのでいつもよりのんびり。  

チームカー置いた所がジュニアカテゴリーの車検や出走サインの列の横だったので、車の前にローラー置いて15分だけアップ。 調子は悪くない。  


DSCF0026.jpg
スタート地点ではM社の露木さんと久しぶりにお会いして撮って頂きました。 ってメットずれてる(^^;

DSCF0030.jpg
スタートは星野と並んで最前列。 U-23は122名。



11時スタート。  下り終わりの直角コーナーまではローリング。  先頭付近キープでリアルスタート。

一昨年、去年とV2の鹿屋体育大学の山本選手 NIPPOの早川選手がU-23で実力が飛びぬけてるのは明らか。 なので僕は動かず最後の局面まで脚を残す。

他の選手も、この2人を徹底マークって感じ。  

1回目の登りはやっぱり山本選手の一本曳きでペースが速い。 このペースで11周されるとまずいなーって思うが、2周目からは余裕だった。

登りのペースというより、気温が上がって登りは暑い暑い><; 背中に水をかけないとやばいくらい。



序盤は7人の逃げが生まれて集団はかなりのんびり。 エカーズの代くんと話したり星野と話したりまったり。

人生初の補給で走りながらボトル取るのは一発成功。意外と練習なしでもいける(笑 

逃げと5分くらいタイム差が出来たくらいかな? 多分中盤、バイク審判が「ジュニア(U-23の5分後スタート)が追いつく場合はU-23のレースを止めます。嫌だったらペースを上げてください!!!!」っと言われる。  

そりゃ、距離の短いジュニアの方がペース速いだろ!とか思うも、止められたらヤバイので鹿屋を中心に一旦ペースが上がる。

その後は集団は落ち着きがなく、単発的にアタックがかかる。  特に山本選手が動いていた。というか山本選手を皆マークしていたので他は殆ど動いてない。 

僕は、久しぶりにレースが心から楽しく思えて「そろそろサコッシュ取ってみるかなー」とか思ったり余裕はあった。  

登りでは、山本選手かNIPPOの早川選手、日大なんかがアタックして結構きつい。けど着いていける。  

そして、9周目。 

9周目に入る登りもハイペースでアタックがかかったりで、先頭から6人目くらいで走っていた。 9周目に入り補給所でサコッシュ(補給食の入った袋)を取る為に何人か先に行かせて、サコッシュを取ろうと思った。

監督の持つサコッシュを取ろうとした時に、視界の端にこっちに転がってくるボトルが見えた。 けどコロコロ遅いしサコッシュを取るまでは大丈夫だと思ってスルーしたのがミスだった。

サコッシュを取る寸前に前輪でボトルを踏んで落車。 道路のど真ん中で落車したが、先に行かせたお陰で単独。  
すぐに起き上がると、機材サポートのマビックカーから人が下りてくる姿が見えたが、監督が背中を押してくれたのでハンドルが45度斜めに向いた状態でリスタート。  これ走ってたら治せなくね?

集団は遥か彼方だけど、踏んだ。 ハンドルが斜めだったけど踏んだ。  マビックカーが併走してきて「直すには一度止まらないと治せないけどどうする?」っと聞かれた。 ここで止まったら絶対集団復帰は無理。 「とりあえずこのまま走ります」っと伝えると加速して行ってしまった。  うしろ着かせてくれのか

踏みまくったら集団には復帰できた。 ハンドル45°斜めで60Km近く出しても意外とイケる!←  
集団復帰すると、星野がきつそうに「何か食べるもの持ってませんか?」っと聞かれる。  僕はハンドル曲がって完走は無理、直しても集団復帰できず、どの道完走は無理だと思ったので、サコッシュや持っている補給食全て星野に渡した。 せめてチームメイトの星野が完走してほしかった。  

しかし、この周に追走グループが形成され集団のペースが落ちた。 一か八かでハンドルを直すことを決意して、右手上げて集団後方を走るコミセール(審判)呼んで、OK貰って止まる。 マビックカーからメカニックが飛び出してきてくれて力技により一瞬でハンドルを直して貰ってリスタート。  プロってすげぇ。

再び踏みに踏みまくって、下りが終わる直角コーナーには集団復帰できた。 でも脚いっぱい。 もう集団の後で岩手山とか牧場見ながら走ってた。 なんで集団の後で走ってるんだろう・・・・


登りに入ると両足攣って止まりそうになるが、無理やり踏む。 すると、明星の米内さんが集団から遅れそうだったので背中押してあげて、さらに星野も遅れそうだったので背中を押す。 補給食全部あげたんだから頑張れ(笑  
IMG_4846.jpg

僕も、星野も米内さんも集団で登りクリアして残り2周。 

ファイナルラップに入る登り絶対にペースが上がるので、星野に「全力で踏め」っと伝える。 案の定登りはペースが上がり、残り1Kmまでは耐えたが力着き千切れてしまった。。。

ファイナルラップは後から来た15人くらいのグループに乗るも、前曳いてくれない人多い・・・ ファイナルラップだってタイムアウトはあるんだぜ? 「完走したいなら前でろ!」っと言って僕も結構踏んだ。 

ゴールへ向かう登りは力尽きてスピード出ず。 完走もできそうだったし、集団から千切れた連中で順位競っても意味ねぇ。 

そして40位でゴール。 TOPと6分42秒差。   星野も59位で無事完走



駐車場に戻ると、たまたまハンドル直してくれたマビックのメカニックさんとお会いして話してお礼する事ができた。  でも、落車した時にハンドルを直さずにリスタートしたのは怒られた。 冷静にハンドル直してリスタートすれば追走するのは1回で済むのだから。   
でも、怒られた後に「でも、いい走りだったよ」っと言われて泣いた。  

涙隠しつつチームカーに戻って車内でさらに泣いた。 久しぶりのガチ泣きだね。うん。 

救護所行って、傷見て貰ってる時にマビックカー呼んだ時に話したコミセールの方(2Days木祖村代表の方?)
にも「あー補給所で落車した子か! 君あの落車なければいい線行ってたね!」って言われた。むぅ(・ω・`)

落車する直前に、一緒に走っていた先頭8人が逃げに合流し逃げ切り。 落車がなければ8人と一緒に逃げに合流し、少なくとも一桁でゴールはできたと思う。 完走なんて目標ではなかったし、完走では応援して頂いてる方々に申し訳ないと思ってた。 U-23で完走なんてぶっちゃけ少し早くて脚使わなきゃ誰でもできる。 


応援して頂いた方々には不甲斐ない結果で申し訳ないです。 そして応援ありがとうございました。


5月はレースがないので次は6月に行われるJプロツアー栂池HC  久しぶりのヒルクライムレース頑張ります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。